総合賠償責任補償プラン労働災害総合補償プラン 今や現場の必需品。作業中の事故をワイドに保障

工事・作業中の事故、事務所の事故から引き渡し後の事故まで保障します

総合賠償責任補償プラン

対人・対物 1事故・2億円 自己負担金ゼロ(工事物補償を除く)
※引渡し後については、保険加入中に事故が発生した場合に限ります。

請負代金の大小にかかわらず、事故が起きると多額の請求を被害者から受ける可能性があるのが賠償事故の特徴です。総合賠償責任補償プランなら、請負・施設賠償責任保険と生産物賠償責任保険を一本化であなたの仕事をワイドに充実した保障でサポートします。

※保険料は売上高、職種などによって異なります。詳しくは支部事務所にお問い合わせください。

さらに広がる補償

3つのプラン
手続きの際には印鑑(法人の場合は代表印)・前年の売上がわかるもの(法人は決算書)が必要です。

今まで別々に入らなければならなかった
①工事・作業中の事故、②事務所等の管理ミスによる事故、③引き渡し後作業の過失・欠陥等によって起きた事故の3つをまとめました。

団体割引により割安な掛け金を実現。さらに、基本プランの他に請け負った工事について管理している物、そして建築物自体、工事用材料まで幅広く補償するプランもご用意しています。

ワイドプラン・スペシャルプランなら引渡し後「事故の原因となった工事の再工事費用」まで補償

基本プラン 請負賠償・施設賠償・生産物賠償を一本化 ワイドプラン 基本プランの補償を拡大 管理財物まで補償 スペシャルプラン 材料・支給材をふくめた工事物件も補償もあります
総合賠償責任保険保障内容
補償内容 基本プラン 管理財物補償 事故の原因となった工事の再工事費用 工事物補償
工事・作業中の事故 事務所等の管理ミス事故 引き渡し後に、作業の過失・欠陥で起きた事故 既設機械等の移設や新築中の最小単位部分の破損事故 引き渡し後、事故の原因となった工事の再工事費用の補償 工事物件自体に対する事故
お支払限度額 1事故2億円 1事故・期間中2億円 1事故2億円 1事故
1,000万円
1事故1億円
自己負担額(免責) なし 1事故1万円
たとえば、こんな事故の時に 建築現場から木材が落下。通行人がケガをした場合 留め具がゆるんでいたため事務所の看板が落下。お客様の車を破損した場合 外構工事の施工が不十分で壁が崩落。通行人が負傷した場合 すでに取り付けられていたクーラーの移設作業中にそのクーラーを破損した場合 引き渡し後の壁がはがれて施主の車を破損させ、壁の再工事も補償 元請で新築中の家が火災により全焼
基本プラン × × ×
ワイドプラン ×
スペシャルプラン

※清掃業・ビルメンテナンス専用プランもあります。お気軽に組合事務所まで。

業種区分と保障プランごとの保険料
業種区分 業種区分ごとの具体的な仕事内容
(A~E業種区分欄内はアイウエオ順です。)
年間売上高(元請+下請)〈消費税込み〉1,000万円あたりの年間保険料)
今までと同じ業種 今年変更した業種 基本プラン ワイドプラン スペシャルプラン
A業種
  • □ガラス工事 □大工工事
    □鋼構造物工事□建具工事
    □室内防音工事□熱絶縁工事
    □消防施設工事□屋根工事
  10,000円 13,160円 22,090円
B業種
  • □内装仕上げ工事
    □板金工事
    □有線テレビ放送設備工事
□コンクリート工事
□タイル・レンガ・ブロック工事
□鉄筋工事
□電気通信工事
17,000円 22,330円 30,710円
C業種
  • □左官工事
    □造園工事
    □電気工事(屋内配線)
    □非木造建築工事
    (非木造リフォーム工事を含みます。)
□石工事
□木造建築工事
(木造リフォーム工事を含みます。)
20,000円 27,800円 39,810円
D業種
  • □管工事
    □塗装工事
    □とび・土工
□機械器具設置工事
□防水工事
□舗装工事
35,000円 49,600円 52,560円
E業種
  • □井戸ポンプ工事
    □しゅんせつ工事
    □土木一式工事
    □はつり・解体工事
  45,000円 62,550円 87,860円
清掃業 建築物の維持管理・清掃を目的としたメンテナンス、清掃(ガラス清掃を含みます。)、補修作業などや建築現場における周辺清掃、清掃作業、ハウスクリーニング、ガラス・壁面清掃など 清掃業、ビルメンテナンス業の場合は、ワイドプランのみとなります。スペシャルプランをお選びいただくことはできません。 年間売上高(消費税込み)1,000万円の場合の年間保険料
49,700円
 
ビルメン
テナンス業
ビルなどを対象として清掃・保守・機器の運転・その他維持管理を年間で請負い、これらのサービスを提供する事業(警備業法第117号に基づく警備業務を除きます。) 年間売上高(消費税込み) 1,000万円あたりの年間保険料
22,700円

もしもの時に従業員と家族、経営を守ります

労働災害総合補償プラン

労災事故の死傷者は、交通事故の2/3と言われています。労働災害による死亡・後遺障害時にも手厚い補償を受けられる総合保険です。不況の時こそ、要注意。従業員と家族、会社の経営を守ります。

補償金額

加入の型 死亡補償金 後遺障害補償金 休業補償
Ⅰ型 3,000万円 1級3,000万円
~14級90万円
1日
3,000円
Ⅱ型 1,500万円 1級1,500万円
~14級45万円

2016年度労災総合保険料

加入の型 一人親方 建築事業及び既設建築物設備工事業
事業所 事業主1人+事業所
Ⅰ型 12,720円 13,840円 38,180円
Ⅱ型 8,170円 10,230円 25,950円

※事業所掛金は請負高(元請+下請)1,000万円の場合

組合員から、あなたへ

中央副執行委員長 益田 修二

「これも一つのお守りだよね」
現場では思わぬ事故が起こるものです。工務店を経営する私としては万が一建築中の建物が火災に合ったときの資材も保障してくれるスペシャルプランに入っています。事故がないに越したことはないけれど、なんか入ってないと心配だし、これもお守りだよね。免責なしというのもいいよね。