資格・技術―仕事確保には必須。詳しくはご相談ください

腕を磨く場所、自分を磨く場所神奈川土建技術研修センター

 組合では労働基準局長指定・神奈川県知事認定の「職業訓練法人・神奈川土建技術研修センター」を運営し、県知事から優秀な技術者育成団体として、横浜市長からは、「技能職育成団体」の選定を受けるなど豊富な実績をあげています。
 あなたの資格取得、技能向上をしっかりバックアップします。

人気の作業主任者講習

建設現場には作業主任者が必要

 労働安全衛生法により、建設現場には「作業主任者」をおかなければなりません。もし、「作業主任者」を配置しないで作業した場合、事業者は6カ月以下の懲役もしくは50万円以下の罰金に処せられます。

受講資格

 該当する作業で3年以上の経験がある方(足場は18歳から3年以上)。また、高校以上の学校で、その作業に関連する科目を履修し、卒業して2年以上の経験のある方。ただし、石綿・有機溶剤作業主任者は経験を問いません。

講習項目 資格を必要とする作業
足場の組立て等作業主任者 つり足場、または5 M以上の構造の足場の組み立て、解体、変更の作業
石綿作業主任者 石綿の解体・改修の作業
型枠支保工の組立て等作業主任者 型枠と型枠支保工の組み立て、解体の作業
職長・安全衛生責任者教育 (リスクアセスメント含) 常時現場にあって、部下を直接指揮・監督するもの
地山の掘削及び土止支保工作業主任者 掘削面の高さが2M以上の地山掘削作業。土止めの支保工の切りばり、または轟おこしの取り外しの作業
木造建築物の組立て作業主任者 軒高5M以上の木造建築物で、その構造部材の組み立て、屋根下地、外壁下地、建具枠の取付け作業
有機溶剤作業主任者 屋内作業やタンクなどで、シンナーなどの有機溶剤を使う材料を取り扱う作業
自主企画講習
講習科目

●二級建築士受験準備講座
●一・二級建築塗装技能検定受験準備講座
●第二種電気工事士受験準備講座
●一・二級建築大工・型枠施工技能検定受験準備講座
●青年技能競技大会(大工)準備講座
●内装建材補修技能講習
●JW-CAD基礎・応用

建設車両系技能講習・特別教育の講習も行っています。(提携)

<一例>

講習科目 資格を取得すると出来る業務 講習日数
高所作業車運転技能講習 作業床高さ10m以上の高所作業車の運転(道路上走行を除く) 2日
(学科1日・実技1日)
小型移動式クレーン運転技能講習 つり上げ荷重5トン未満の移動式クレーンの運転(道路上走行を除く) 3日
(学科2日・実技1日)
玉掛け技能講習 つり上げ荷重が1トン以上のクレーン・移動式クレーン等の玉掛け作業 3日
(学科2日・実技1日)
自由研削砥石の取替業務特別教育 自由研削砥石の取替え又は取替時の試運転の業務 1日
(学科1日)
足場の組立等従事者の・特別教育

  建設業において高所からの墜落・転落による労働災害が多発していることから、平成27年7月1日より労働安全衛生規則の一部が改正され、足場の組立て等の作業に係る業務の特別教育が追加されました。
 すでに足場の組立、解体または変更の作業に従事している人は2017年6月までに3時間教育を受講すること、18歳以上で足場に係る業務経験がない場合、現場に入る前に6時間の特別教育が必要です。

受講料
足場の組立て等作業従事者 特別教育(3時間)3,500円
受講資格
平成27年7月1日時点で、すでに従事している方を対象
職長・安全衛生責任者教育(リスクアセスメント含)

 平成18年4月1日施行の改正労働安全衛生法により、建設現場では危険性または有害性等の調査(リスクアセスメント)と低減措置の実施が義務付けられ、現場で最も求められる資格となっています。神奈川土建技術研修センターでは、現場で職長をしている講師が最も新しい『職長教育』を実施しています。ぜひこの機会に。

受講料
16,000円(2日間)

雇用保険で助成される資格・講習会一覧

講習会 受講料
足場の組立て等作業主任者 10,000円
木造建築物の組立て等作業主任者 10,000円
型枠支保工の組立て等作業主任者 10,000円
地山の掘削・土止め支保工作業主任者 15,000円
玉掛け技能 15,690円
小型移動式クレーン運転技能 31,890円
玉掛け有資格者
28,650円
高所作業車特別教育 17,000円
高所作業車運転技能 普通免許
44,000円
小型移動式
クレーン有資格者
42,000円
小型車両系建設機械特別教育 16,000円
車両系建設機械の運転技能 44,000円

他にも、2級土木・建築施工管理技士の経費助成などもあります。

青年部マル得援助金

青年部に入れば「青年部マル得援助金」を受けられます

例えば
各種作業主任者講習…………10,000円→ 5,000
職長・安全衛生責任者教育…16,000円→ 8,000
高所作業者……………………44,000円→15,000

●援助金の額は、次の通りとします
神奈川土建技術センターが主催する作業主任者講習や特別講習、講座など
 …15,000円を限度とする5割

 

詳しくは支部事務所まで

組合員から、あなたへ

技術対策部長 中西 龍夫

「技術センターは仲間が指導にあたります」
技術センターの講師はほとんどが組合員です。同じ仲間が指導に当たるからこそ、熱心で実のある講義ができるのではないでしょうか。
かく言う私も作業主任者技能講習の講師を務め、現場で働く立場から専門的な話をしています。青年部員には資格取得に援助金もでるので、その活用もおすすめですよ。