加入手続き―建設業で働く方ならどなたでも加入できます。頼れる大きな組合3万人の仲間

組合に加入するには

神奈川土建は建設業で働く人であれば、事業主(社長)、一人親方、職人を問わず誰でも一人でも入れる個人加盟の組合です。

神奈川土建に加入するには、①加入申込書②加入金 ③組合費が必要です。その他、建設国保、労災等に加入する場合は、そのための書類や費用が必要になります。

またご不明な点はお気軽にご相談下さい。

毎月の組合への納入金は 組合共済費1,020円 組合費3,840円 団体生命掛金440円 毎月納入金合計5,300円

必要なもの

  • 神奈川土建一般労働組合 加入申込書
  • 加入金 1,000円
  • 組合費 5,300円(加入時62歳以上の方はB型4,600円)
⇒組合費内訳
  • 組合費:3,840円
  • 組合共済費:1,020円(B型320円)
  • 団体生命:440円

*組合費等は前納制です(例:8月分は7月の納入日に群会議で納める)

建設国保に入るには

神奈川県内に住民票のある方が加入できます(厚生年金とセットの事業所は除きます)。

必要なもの

  • 世帯全員分と記載され、省略の無い住民票1通
  • 今持っている保険証のコピー(未加入の方はご相談下さい)
  • 初回の保険料
  • 30歳以上の方は、直前2年分の所得証明書(確定申告書・市県民税課税所得証明書など)
  • 一部負担払戻金に対する同意書兼郵便貯金口座届(払戻金を振り込みます。郵便局の口座が無い方は口座を開設し、その番号と認め印をお持ちください。後日でもOKです)

組合員から、あなたへ

組織部長 小森 邦男

「神奈川土建は良いよ!」
現場で出会った人、久しぶりに会った仲間など、事ある毎に「神奈川土建は良いよ!」って声をかけています。神奈川土建を知らない人って、まだまだ沢山いるんですね!実感しています。これからも、沢山の方に声をかけていきたいと思います。みなさんも、声をかけてください。このパンフを渡すだけでもOKですよ!!

組合費や保険料の納入方法

月に一度の「群会議」で納めます

組合員は月に一度の「群会議」(よりあい)で顔を合わせます。群会議ではみんなで仕事や暮らし、組合の制度、活動などについて話し合います。そして組合費や建設国保の保険料を納めます。納入については「引き落とし」「振り込み」といった方法は出来ません。

組合総合共済は群・分会・支部とそれぞれ組合員自身が集団として審査し、適正に給付する事になっています。一人一人が主人公となり、みんなで適正な運営をはかる、だからこそ民間企業ではできない手厚い助けあい=大型共済が実現できるのです。

神奈川土建 30,000人の組合員を抱える県内最大の組合。 支部 県内各行政区を中心に21ヵ所の支部事務所(支部一覧を参照下さい) 分会 支部を地域毎に分けています(全県に約250の分会があります) 群 分会を群に細かく分けています。 群会議で組合費等を納めます。

組合員から、あなたへ

財務部長 山ノ口 民樹

「組合に加入しているだけでもお得ですよ」
 組合に加入しているだけでも、民間損保よりも、「どけん総合共済」と「団体生命」はお得だと私は思っています。
 各種共済給付も充実、そして団体生命からは死亡時に100万円(不慮の事故200万円)の給付が受けられます。民間損保でこれだけの給付条件は、5,300円(組合費)の掛金では無理ですよね!